目立たない装置|関内駅より徒歩5分、成人矯正に特化したせごし矯正歯科医院

10時~19時まで。土日診療

045-263-3377 【休診日】月曜・祝祭日
ご予約・お問合せ

目立たない装置 inconspicuous

目立たない矯正装置で、
人目を気にせず矯正にチャレンジ

「矯正装置をつけると目立って嫌だ」「矯正治療中だと気づかれたくない」……。近年、口もとの美に対する関心の高い患者さまが多くいらっしゃるため、このようなお話をお聞きする機会が増えています。「治療を受けたいけど装置のことを考えると…」と治療への一歩を踏み出せない方も珍しくありません。

しかし、歯科医療技術が進歩した現在では、さまざまな種類の目立たない矯正装置が開発されています。もちろんせごし矯正歯科医院でも、「装置が目立つ」ことに関するご不満を解消するため、これらの目立たない装置を使って治療を行なっています。どうぞ安心してご相談ください。

ここでは、「人目を気にせず治療を続けたい」という方のために、目立たない矯正装置についてご説明します。

目立たない表側矯正

一般的な矯正装置は、歯1本1本にブラケットという器具をつけ、そこにワイヤーを通してその力で歯を動かすものです。
歯の表側にブラケットとワイヤーがつくので、『表側矯正』といわれています。

クリアブラケット ─歯になじむ、透明なプラスチック製の矯正装置─

クリアブラケット ─歯になじむ、透明なプラスチック製の矯正装置─

「矯正治療」というと、「金属の装置がギラギラしている」というイメージをもたれる方が多いのではないでしょうか? これは以前からある一般的な装置ですが、このイメージが、矯正治療が敬遠される理由のひとつになっています。

そこで当院では、すべての患者さまに、金属ではなく透明なプラスチックでできた装置を使っています。金属でできた一般的な装置のような「ギラギラ感」がないので、つけていてもあまり目立ちません。顔つきや表情が装置に邪魔されることなく、自然なままで治療を続けられます。

見えにくい舌側矯正

表側矯正に対し、歯の裏側に矯正装置をつける方法です。歯の裏側=舌のある側=舌側(ぜっそく)に装置をつけるので『舌側矯正』といわれています。『リンガル矯正』ともいわれます。

周囲に気づかれにくい矯正装置

周囲に気づかれにくい矯正装置

「家族でさえ、装置に気づいていなかった」……そんな矯正装置があることをご存知ですか? それは歯の裏側に装置をつける、『舌側矯正装置』です。

一般的な治療では歯の表側に装置をつけますが、舌側矯正では歯の裏側に装置をつけるため、表からは装置がほとんど見えず、治療中でも口元の印象が変わりません。そのため、表から装置が見えることを気にされる方に、たいへん適した装置です。

ただし、表側矯正に比べ特別な知識や技術が必要となるため、表側矯正よりも治療費が高額になってしまいます。また、舌に装置が触れるため、「違和感がある」「しゃべりにくい」などと感じられる患者さまもいらっしゃいます(多くの方が1~2週間ほどで慣れてしまわれるため、それほど気にならないかと思います)。

舌側矯正のメリット
  1. 表から見えにくい
  2. 装置に食べ物が引っかかっても、周りの人に見られない
  3. 歯の裏側は唾液が循環しやすいため、虫歯になりにくい
舌側矯正のデメリット
  1. 表側矯正よりも費用が高額になる
  2. 慣れるまで違和感や話しにくさがある

ハーフリンガル矯正

舌側矯正の費用が気になる方に

舌側矯正の費用が気になる方に

「裏側からの装置を選びたいけど、費用が気になる」……という方には、表側からの装置と、裏側からの装置を併用した『ハーフリンガル矯正』といわれる治療法をご提案しています。

とくに笑ったりしゃべったりしたとき、表から見えやすく目立つ上の歯には舌側矯正装置を、普段唇に隠れ、表からあまり見えない下の歯には表側矯正装置をつけます。それにより、通常の舌側矯正よりも治療費を抑え、かつ装置が見えにくいまま治療を続けることができるのです。