«  2012年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« フッ素入り歯磨剤の効果的な使い方 ~横浜・中区・関内で矯正するなら~せごし矯 | メイン | 親知らずとコンタクトスポーツ ~横浜・中区・関内で矯正するなら~せごし矯正歯科医院 »

2010年12月 8日

前回はフッ素入りの歯磨剤について書かせて頂きました。

でも、歯磨剤は歯磨剤です。

歯を磨くためのものです。

そうではなくて、虫歯予防に有効なフッ素の効果だけを狙ったものが色々とあるのです。

そのうちの一つ、フッ素のジェルを我が家では使っています。

使い方は以下です。

歯磨剤を使ってきれいにブラッシングした後に、よ~くうがいをします(歯磨剤は使っても使わなくても良いです)。

良く洗った歯ブラシにフッ素のジェルを載せて歯を磨くようにジェルを歯に塗るのです。

塗った後はお口の中の唾液を吐き出して終わりです。

うがいをしてはいけません。

フッ素のジェルはフッ素の虫歯予防、歯質強化という効果のみを狙ったものなので、歯磨剤に含まれている、発泡剤や研磨剤などが含まれていません。

飲み込んでしまっても大丈夫です。

味も色々とあって、小さなお子様でも使えます。

私個人としてはグレープ味が好きです。

バナナ味や、ミント、オレンジ、レモンティーなんてのもあります。

フッ素は4歳から14歳までのお子さまが使うと一番効果的と言われています。

それは、ちょうど6歳臼歯が生えてくる時から12歳臼歯が生えて永久歯列が完成する時期までの、歯の生え変わりの時期ですよね。

生えたての歯はカルシウム密度が低いので虫歯になりやすいです。

その時期にフッ素で歯を丈夫にすると特に良いのです。

 
もうちょっと書きたいのですが、長くなったのでまたにします。


せごし矯正歯科医院

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
せごし矯正歯科医院 せごし矯正歯科医院
院長 瀬越健介
www.segoshi-kyosei.com
【経歴】
平成9年 東北大学歯学部卒業 歯科医師免許取得
平成9年 鶴見大学歯学部附属病院 臨床研修医
平成10年 鶴見大学歯学部矯正学教室 臨床専科生
平成12年 鶴見大学歯学部矯正学教室 診療科助手
平成16年 鶴見大学歯学部歯科矯正学講座 助手
平成17年 日本矯正歯科学会認定医取得
平成18年 神宮前矯正歯科 勤務
平成20年 神宮前矯正歯科 副院長
平成22年 せごし矯正歯科医院開院