トップへ » 当院が選ばれる7つの理由 » あなたはどのタイプ?(治療例)

叢生(そうせい)/ でこぼこ・八重歯

あごに対して歯が大きく、歯のはえるスペースが狭いので、デコボコに重なりあっている状態です。いわゆる"八重歯"もこのタイプに属します。

治療後には八重歯や乱杭歯もなくなり口元がきれいになります。

症例1
<治療前>
叢生1
下へ

<治療後>
叢生2

症例2
<治療前>
叢生3
下へ

<治療後>
叢生4

上顎前突 (じょうがくぜんとつ)/ 出っ歯

上あごや上の前歯が前に飛び出している状態です。歯だけが前へ飛び出ている場合と、上あご全体が突き出ている場合があります。

症例
<治療前>
上顎前突1
下へ

<治療後>
上顎前突2

反対咬合 (はんたいこうごう)/ 受け口

下の歯が上の歯より前に出ている噛み合わせを反対咬合(受け口)といいます。受け口の人は、食べ物がよく噛めないだけでなく聞き取りにくい話し方になります。また、顔つきもしゃくれた感じになり、引っ込み思案になってしまう方も少なくありません。

症例
<治療前>
反対咬合1
下へ

<治療後>
反対咬合2

上下顎前突 (じょうげがくぜんとつ)

上下の前歯、または上下の骨が出ている状態を上下顎前突といい、口全体が前に出ているように見えます。普段から口が開いてしまうといった特徴があります。

開咬 (かいこう)

前歯が咬んでいない状態です。口を閉じても前歯に隙間が開いたままだったり、多くの場合、サ行・ラ行をうまく発音できない、食べ物をよく噛めないなどの症状を伴います。多くの場合、開咬の患者さまは「舌を歯の間から突き出す癖」を持っています。

症例
<治療前>
開咬1
下へ

<治療後>
開咬2

正中離開(せいちゅうりかい)/ すきっ歯

歯と歯の間に隙間ができてしまっている状態です。前歯の2本が開いている状態などを言います。

症例
<治療前>
正中離開1
下へ

<治療後>
正中離開2

関連ページリンク

当院が選ばれる7つの理由院長の技術力目立たない装置
痛みが少ない治療なるべく歯を抜かない治療の期間・流れ
シンプルな料金体系治療中の虫歯対策
子どもの矯正ガイドあなたはどのタイプ?仲間の先生
料金表よくあるご質問患者さまの声医療費控除

無料カウンセリングを行います

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる7つの理由 » あなたはどのタイプ?(治療例)


コールバック予約