«  2012年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2011年5月31日

先日、頂いたお電話で「先生の所は床矯正をやっていますか?」と聞かれました。

???

この「床矯正(しょうきょうせい)」という言葉ですが、矯正医は使いません。

とても変な言葉です。

私にはとても違和感があります。

床矯正というのは、床装置を使った矯正治療のことを言っているのでしょう。

床装置とは、装置の主体がレジン床という樹脂で出来ているものです。

床装置というのは、沢山ある、無数にあると言っても良いくらいですが、矯正装置の中のほんの一部のものです。

床装置は患者さまにとっては取り外しが出来て楽な装置です。

外したい時に外せるので楽ですよね。

調整もそんなに難しくありません。

なので、矯正技術の無い一般歯科の先生が床矯正という言い方をして使っているようです。

テレビや他のメディアで「床矯正」として情報を流しているので、矯正医からすると違和感のある言葉が出来てしまったようですね。

床装置は私も使っていますが、治療の過程で部分的に使っているだけです。

床装置が最良と思われる場面で使っています。

床装置だけですべて治すなんて絶対にしません。

というより有り得ません。

もっと良い装置が他にあるのです。

その、他の装置を使える技術の無い素人の方が床装置だけで無理に治そうとするから問題なのです。

そもそも、治療ゴールの設定がまったく違います。

床矯正がとても良いものなんだと思い込んで冒頭の方はお電話を下さったのでしょうね。

メディアって、情報って怖いですね。


せごし矯正歯科医院

2011年4月21日

八重歯は専門的には上顎犬歯低位唇側転位、英語だとHigh canineと言います。

上の3番目の歯である犬歯が並びきらなくなっている状態ですね。

下の歯は八重歯って言いません。

なぜ八重歯になるのか、ご存知ですか?

それは乳歯から永久歯に生え変わる時に問題があります。

歯の生えてくる順番に関係しているのです。

下の歯は1番、2番、3番、4番、5番という順番に生えてきます。

ところが上の歯は1番、2番、4番、5番、3番という順番で生えてくることが多いのです。

人によっては1番、2番、3番で生えてくる方もいらっしゃいますが、3番が5番よりも後に生えてくることが多いのです。

ここがポイントです。

乳歯が早く抜けてしまうとどうなるか?

奥歯が前に動いて隙間が少しずつ閉じてしまいます。

後から生えてくる3番の隙間が無くなってしまうのです。

こうして八重歯になるのです。

乳歯が残っていても元々隙間が足りない方もいらっしゃるので要注意です。

せごし矯正歯科医院

関連ブログ
八重歯(犬歯)を抜いてはいけません
八重歯(犬歯)を抜く時
乳歯は早く抜けても大丈夫?

2011年4月16日

当院は開業してまだ1年3か月ですが既に5人の方が当院に転院されています(そのうち2人はこれから治療を再開します)。

引越でどうしても今まで通りの通院が不可能になることがあります。

転院は治療の途中なので大変ですが、転院しなければならなくなった場合は、ご本人だけでなく今まで担当されていた先生にも喜んで頂けるので私も嬉しいです。

でも、転院ってなかなか難しいんですよね。

考えや治療方法は先生によって違います。

だから転院したくても「うちでは治せない」と言われてしまうこともあります。

他院で断られて当院に転院されている方もいらっしゃいます。

特に裏側(舌側)矯正は対応出来る先生が少ないですからね。


それから使っている装置も先生によって様々です。

マルチブラケット(エッジワイズブラケット)は大きく分けて2種類あります。

.018ブラケットと.022ブラケットです。

私は裏側(舌側)用も表側用も.018サイズを使用しています。

.018ブラケットだと装置をそのまま使えますが、.022ブラケットだと付け替えの必要がある場合があります。

なるべく、そのまま変えずに使うようにしています。


費用については、転院が決まった段階で返金をして下さる場合がほとんどです。

転院後の費用は、返金額を元にして決めています。

初診扱いにしてしまうと、かなりお金が掛かって大変ですからね。

また、転院の際は今までのレントゲンや写真などの資料を送って頂きます。

今までの経過が把握出来て初めてちゃんとした引き継ぎが出来るのです。

転院を考えていらっしゃる方は必ず担当の先生と良く相談した上で決めるようになさって下さいね。

せごし矯正歯科医院

2011年4月 9日

「そんなに本格的にやらなくても、ある程度治れば良いです」

そう仰る方がたまにいらっしゃいます。

これって難しいですよね。

口ではそう仰っても、「どの程度」治せば「ある程度」になるのでしょうか?

初めは八重歯が気になって矯正治療を始めたとしましょう。

八重歯がきれいになると、それまで気にならなかった部分がクローズアップされて目立つようになります。

そうすると、やはりそこを治したくなると思います。

そういうことが今まで何度もありました。

良くあることです。

初めから「ある程度」なんて思って矯正治療を開始すると上手く行きません。

きっちり治したいと思っていても思うように治せないことだってあるんです。

私としてはやるからにはきっちり治療させて頂きたいです。

勿論、患者さまのご希望は最大限取り入れさせて頂きますよ。

治療計画はこちらが一方的に提示するものではなく、患者さまに選んで頂くものだと私は考えています。

せごし矯正歯科医院

2011年1月26日


昨日のブログで八重歯(犬歯)は余程のことがない限り抜かない、ということを書かせて頂きました。

八重歯(犬歯)を抜いてはいけません

八重歯(犬歯)を抜くことは本当に稀です。

では、その稀な時とはどういう時なのか、ということを今日は書かせて頂きます。

あくまでも、どこか歯を抜かなければならなくなった場合の話です。

八重歯(犬歯)を抜くのは歯肉退縮が著しい場合です。

歯茎が著しく下がってしまって、根っこが大きく露出してしまっている場合ですね。

歯は歯槽骨という骨に支えられています。

その歯槽骨による支えが無くなっているから著しい歯肉退縮が起こってしまうわけです。

審美的にもよろしくありません。

八重歯を抜かない理由であげた、犬歯の寿命、機能、見た目の3点をカバー出来なくなっているということです。

あとは、虫歯で歯が崩壊してしまっている、歯根がとても短いなど、犬歯自体に問題がある場合などが考えられます。

せごし矯正歯科医院

2011年1月25日


八重歯ってありますね。

専門的には上顎犬歯低位唇側転位と言います。

英語だとHigh canineと言います。

上の3番目の歯である犬歯(糸切り歯)が並びきらなくて横に生えている状態ですね。

八重歯の治療をする際に、八重歯そのものを抜いたら良いのでは?と言われることがありますが、余程のことが無い限り犬歯は抜きません。

・犬歯は歯の中で根っこが長く一番寿命の長い歯。

・前後左右に動く下あごを犬歯が誘導しているので機能的に重要な歯。

この2点が大きな理由ですが、その他に

・犬歯が無くなると口元にしまりが無くなり老け顔に見える

ということもあります。

なので、犬歯を抜かずにその後ろにある4番目の第一小臼歯を抜くことが多いですね。

決して4番目の第一小臼歯が必要の無い歯だということではありませんよ。

基本的には抜かずに治す方法を考えます。

やむを得ず抜くのです。

せごし矯正歯科医院

2011年1月21日


以前のブログで差し歯を矯正する時の話をしました。
差し歯を矯正出来ますか?

差し歯は仮歯にすることが多いのですが、差し歯をそのままにした時のことを書いておきます。

いくつか方法があるのですが、当院では金属(メタル)やセラミックの表面に特殊な処理(コジェット・サンド、エスぺ・ジルというものを使用しています)を施してからブラケットを付けています。

そうすることにより通常よりは確実に外れにくくなります。

しかし、歯に対する接着力に比べると弱いことは事実ですね。

せごし矯正歯科医院

2011年1月 9日


前々回のブログでクリアブラケットの話をしました。

日本では矯正していることを人に知られたくない、目立たなく治療したいという方が多いですよね。

それに対して欧米では矯正治療はするのが当たり前の社会です。

成人になって歯並びが悪いと、自己管理能力が低いか、育った家庭に問題があって矯正したくても出来なかった、というふうに見られてしまうのです。

するのが当たり前の矯正治療なので、ブラケットもメタルブラケット(金属のブラケット)が多く使われているそうです。

日本と欧米の価値観の違いですね。

以前にもこのことについて書いていたので参考になさって下さい。
矯正はやらなきゃいけない?
 
 
せごし矯正歯科医院

2011年1月 6日


ブリッジがある場合は一度切断して支台歯を仮歯に置き換えることが多いです。

ブリッジとは、歯が無い所(欠損歯)の両隣りの歯を金属で橋渡しすることです。

欠損歯が1本だったらブリッジは全部で歯3本分の大きさの金属のかたまりになります。

矯正治療は個々の歯を動かして歯並びと咬み合わせを整えるものです。

3本もの歯が一つに固まっていたら、細かな調整が出来なくなります。

ブリッジがある場合は、欠損している歯のスペースを矯正治療で閉じてしまうこともあります。

治療の最終ゴールをどこに設定するかで大きく変わりますが、基本的にはブリッジは切断して仮歯に置き換えることが多いです。

せごし矯正歯科医院

2010年12月21日

「差し歯があるのですが、矯正できますか?」とたまに聞かれます。

但し書きが付きますが、「出来ます」。

なぜ、但し書きが付くのか。

「差し歯」というのは一般的にはセラミックと金属で出来た、あるいはセラミック単体の被せ物を言います。

矯正治療では、ブラケットという矯正装置を通常は使用しますが、ブラケットは接着剤で歯にくっつけます。

この接着剤は歯には良く付くのですが、セラミックや金属に対しては接着力が落ちるのです。

せっかく歯を動かしても装置が外れてしまうと歯が変な位置に動いてしまいます。

変な位置に動いてしまった歯は、元の位置に戻す必要があるのでリカバリーに時間が掛かります。

最悪の場合はまったく治療が進まないのです。

そのため、差し歯がある場合は矯正治療前にその差し歯を仮歯に置き換えさせて頂くことが多いです。

接着剤が良く付くレジンという樹脂で出来た仮の差し歯にするのです。

仮歯は、歯並び、咬み合わせがきれいになった後で、ちゃんとしたっていう言い方は変ですが、きれいな差し歯にしてあげます。

ただ、セラミックの差し歯は作る時に保険が利かないので、高いお金を払って作った差し歯を仮歯にするのは勿体ないと仰る方もいらっしゃいます。

そのお気持ちは良く分かるので、装置が外れやすいので治療が進まないかもしれないということをご了承いただけた場合のみ、差し歯でもそのままで治療させていただいています。

せごし矯正歯科医院


関連ブログ
歯に比べて接着力の落ちるセラミックと金属(メタル)

2010年12月12日

前回は親知らず(8番)が原因となる顎骨の骨折についてコンタクトスポーツを例に
書かせて頂きました。

もう一つ要注意なのが転倒した場合の骨折です。

手足の骨ではなくて顎骨の骨折です。

これもコンタクトスポーツの場合とまったく同じです。

転んで顔を打ってしまい8番のある顎角部で骨折してしまうことがあります。

特に高齢者の方の場合は要注意です。

命にかかわってきますからね。

矯正治療のために8番を抜かなくても良い場合は、骨折の可能性に関しても説明をさ
せて頂いています。


私も左下の親知らずが横を向いて骨の中に埋まっているので機会を見て抜かなければ
と思っているのですが・・・。

なかなか機会が無いんですよね・・・。

私の右下の8番はやはり横を向いて埋まっていました。

学生時代に外科志望の友人が抜きたいと言うので、練習で抜いてもらいました。

左の上下の8番も友人に抜いてもらう予定だったのですが、都合が合わずにそのまま
になってしまいました・・・。

せごし矯正歯科医院

2010年12月10日

今日は親知らずについてです。

「親知らずって抜かなきゃダメなんですよね?」

って良く聞かれます。

ダメではありませんが、抜いた方が良い場合が多いです。

矯正治療の為に親知らずを抜いた方が良い場合は抜歯をお勧めしますが、そうではない場合は抜歯しなかった場合のことを説明させて頂きます。

親知らずは前から数えると8番目の歯なので、「8番」と言います。

私の口の中にも左の上下に8番があります。

左下の8番は横を向いて骨の中に埋まっています。

いろいろと悪さをすることがある8番ですが、意外に知られていないのは8番が原因となる顎骨の骨折です。

特にボクシングや空手などのコンタクトスポーツをされている方は要注意なのですが、下あごにパンチを受けた時にパンチが当たった所では無くて8番の所で骨折することがあるのです。

8番がクサビの役割をしてしまうのです。

ボクシングや空手だけではなく、サッカーやバスケットもコンタクトスポーツですね。

コンタクトスポーツをされる方は親知らずに要注意です。

せごし矯正歯科医院

2010年11月14日


さて、今日は矯正治療中の妊娠、出産について書かせて頂きます。

「矯正治療中に妊娠しても大丈夫ですか?」と聞かれることがあります。

大丈夫です。

私は今まで多くの妊婦さんを治療させて頂きました。

つわりのヒドイ方の場合は、仰向けの状態で口を開けているのが大変になるので休み休み治療することになります。

里帰り出産で帰省される場合もありますよね。

そういう場合は、戻られてから治療を再開します。

その分だけ治療が長引きますが、ちゃんと矯正治療は行えます。

里帰り出産の帰省が予定外にかなり長引いてしまって、一時的に装置を外した方もいらっしゃいますが、稀な場合です。

妊娠中は一応、念のためにレントゲンも撮らないようにしています。

ただ、矯正治療の為に撮っている当院のレントゲンでは正直に言って、まったく影響ありません。

ただ、気持ちとしては不安でしょうから、非科学的ではありますが撮らないようにしています。


私も子を持つ親ですからね。

生まれて来る、あるいは、生まれて来たお子さんの話を聞かせて頂けるのは本当に楽しいものです。


せごし矯正歯科医院

2010年11月 7日

ここの所、診断の大切さを書かせて頂いていますが、前回は難しい話だったので今日は気分転換
です。

治療していると患者さまに「手先が器用じゃないと出来ないお仕事ですよね」って言
われることがあります。

私は、「手先が器用じゃ無くてもある程度はトレーニングで何とかなります。大切なのは診断力ですよ。診断力が無いとゴール自体を設定出来ないし、最短距離でゴールに辿り着けません」って必ずお話しします。


良くさせて頂く話があります。

どんなに運転技術の優れたタクシードライバーでも道を知らなければ仕事になりま
せん。

F1ドライバーでも道を知らなければタクシードライバーにはなれません。


いつだったか同じように話をした時に、

「先生、今はナビがあるから道を知らなくても大丈夫なんですよ」

って言われたことがあります・・・。


う~ん、確かにね~。

でも、色々と道を知っているタクシードライバーの方が良い仕事が出来ることは確か
ですよね。

それはどんな分野の仕事でも同じだと思います。

やっぱり、どう診断するのかは医療の命ですね。


せごし矯正歯科医院

2010年11月 6日

前々回で診断の大切さをお話しました。

診断する上でもう一つ私が重要視しているのが顎の関節のレントゲンです。

骨の形態をチェックしているということもありますが、矯正治療をする上でもう一つ
大切なことがあるのです。

それは、顎関節の状態によって矯正治療中に下あごの位置が変わる可能性があるので
す。

成人矯正の場合は骨格はもう出来上がっているものとして治療方針を立てます。

上あご、下あごの位置は変わらないものとして治療方針を立てたいところなのです
が、そうもいかないのです。


ちょっと難しい話をさせて頂きます(診断時にはすべての患者さまにモニターを使いながら説明
させて頂いていることなのですが、文字にすると難しくなっちゃいますね)。


構造的に下あごの下顎頭は顎関節内で頭蓋骨の関節窩に納まっています(下あごの骨
は頭蓋骨に納まっています)。

下顎頭と関節窩の間には少し隙間があります。

この隙間の大きさが標準的であれば問題ありません。

問題になるのは隙間が大きい場合です。

隙間が大きい場合はその患者さまは下あごを前にずらして咬んでいるのです。

顎関節内で一番楽な位置で咬もうと思っても咬めないので、上手く咬める位置まで下あごをずらして咬んでいるのです。


矯正治療する前は咬み合わせによって下あごの位置が決まっています(その位置のことを「中心咬合位」と言います)。

矯正治療すると歯が動きますので当然ながら咬み合わせが変わります。

すると、下顎頭と関節窩の位置関係が本来の良い状態(その位置のことを「中心位」と言います)に戻ろうとします。

下顎頭と関節窩の間の隙間が大きい場合(中心咬合位と中心位のずれが大きい場合)は、下あごの位置が今までよりも後方に2~3ミリくらいですが下がることがあるのです。

たった2~3ミリ?って思われるかもしれませんが、口の中での2~3ミリはかなり大きな値です。

歯科では0.1ミリ単位で歯の大きさや移動量を計測していきます。

2ミリは0.1ミリの20倍ですからね。

ものすごく大きな値になります。

3ミリも咬み合わせがずれたら大変なことになります。

初めからずれるかもしれないと予測して診断するのとしないのとでは治療計画が明ら
かに変わってきます。

治療計画を立てる際には顎関節の状態をレントゲンで確認した上で、下あごが後方に
下がる可能性があるのかどうかを慎重に見極めています。


せごし矯正歯科医院

2010年10月30日

昨日は、歯並びの大切さを矯正の観点からお話させて頂きましたが、今日は少し視点
を変えてお話してみます。

でも、結論は同じです(笑)。


「芸能人は歯が命」

昔、そういうCMがありましたね。

歯並びが良くなると印象がぐっと良くなります。

芸能人の方の歯並びはとてもきれいですよね。

歯並びをきれいにする方法は2つあります。

矯正する方法とセラミックを歯に被せる方法です。

セラミックを歯に被せる方法は一般的には差し歯と言われているものです。

審美歯科の領域です。

矯正歯科も審美歯科もどちらにもメリットデメリットがあります。

矯正歯科は自分の歯できれいに出来ますが、期間が掛ってしまうというデメリットが
あります。

審美歯科のメリットは何と言っても短期間できれいに出来ることです。
しかし、セラミックを被せるために自分の健康な歯を削る必要があります。

歯を削る量が少なくて済むラミネートべニアというセラミックを歯に貼り付ける方法
もあります。

芸能人の方は矯正する時間的な余裕が無いので、審美歯科で治さざるを得ないですよ
ね。

以前に取材で当院にいらっしゃった女優の遠藤久美子さんが仰っていました。
http://www.living-life.net/segoshi/

芸能界に入った時に事務所の社長さんに「その歯並びじゃ広告が取れない」とのことで、
まず歯医者さんに連れて行かれて歯を抜かれたそうです。

「芸能界って怖いって思いましたよ」って笑いながら話して下さいました。

矯正してきれいになるまで待てるわけないですものね。

でも中には前もって矯正してから芸能界に入った方もいらっしゃるようですね。

芸能人でなくても歯は命です。

早目に矯正しましょう!

せごし矯正歯科医院

2010年10月29日


たまに聞かれる質問の中に「矯正しなければダメですか?」というものがあります。

ダメではありません。

矯正しなければ病気になって死んでしまうなんてことはありません。

でも、出来れば、いや、無理をしてでも矯正した方が良いです。
しかもなるべく早い時期に一度カウンセリングだけでも受けた方が良いです。


今日は、矯正について患者さまに私がよくさせて頂く話をご紹介します。


私が、ある患者さまから伺った話です。
その方が矯正をしようと思われたきっかけの出来事です。

A様とさせて頂きますが、A様は学生の頃から海外でお仕事をしたいと考えていらっしゃいました。

大学卒業後は商社に入られました。

入社すぐのお仕事で、アメリカ人との会議がありました。

アメリカ人10人、日本人10人くらいの会議だったそうです。

会議が始まる前に、アメリカ側のトップが日本側のトップの口元を見て顔色を変えました。

「ちょっと歯を見せてみろ」

次の瞬間、衝撃の一言が。

「お前とは仕事が出来ない。今すぐ出て行け!」

上司の方は歯並びが悪かったそうです。

その状況を目の当たりにしたA様は、すぐに矯正しようと思われたそうです。


欧米の社会では歯並びが悪いと自己管理の出来ない人間と判断されてしまうのです。
特に、歯が抜けて隙間が空いている場合は最悪だそうです。

矯正するのが当たり前の世界ですからね。

通訳の方がフォローされたそうですが、歯並びの悪い人に面と向かって「出て行け」なんて言う人はまずいないそうです。

でも、言わないだけで、みんな心の中では「こいつとは仕事したくない」と思っているそうです。

私は矯正医なのでその気持ちは良く分かります。

日本は欧米に比べれば、そこまで意識は高くないですよね。

でも、徐々にですが意識は高まっています。

歯並びが良い方と悪い方とどちらに良い印象を受けるかと言えば、まず間違いなく歯並びの良い方ですよね。

歯並びが悪いと、「どうして治さないの?」って少し歯科の知識のある方なら思われますよね。


矯正することにより、明らかに生活レベルは高まります。

それまで口元を気にして大口開けて笑えなかった方が、矯正してきれいな口元になったら気にせずに笑えるようになります。

私も矯正経験者なので良く分かります。

私の場合は生活レベルが高まったというより、人生が変わりました。

中学の時に矯正治療を受けたことがきっかけで私は矯正医になろうと思ったのですから。

矯正しましょう!


せごし矯正歯科医院

矯正よもやま話
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
せごし矯正歯科医院 せごし矯正歯科医院
院長 瀬越健介
www.segoshi-kyosei.com
【経歴】
平成9年 東北大学歯学部卒業 歯科医師免許取得
平成9年 鶴見大学歯学部附属病院 臨床研修医
平成10年 鶴見大学歯学部矯正学教室 臨床専科生
平成12年 鶴見大学歯学部矯正学教室 診療科助手
平成16年 鶴見大学歯学部歯科矯正学講座 助手
平成17年 日本矯正歯科学会認定医取得
平成18年 神宮前矯正歯科 勤務
平成20年 神宮前矯正歯科 副院長
平成22年 せごし矯正歯科医院開院