«  2012年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2011年3月 3日

今朝、シャワーを浴びている時に洗顔フォームのパッケージにふと目が止まりました。

そこには「e 130g NET WT 4.5 oz」と書いてありました。

日本では力や重さの単位としてグラムが用いられていますよね。

海外ではoz:オンスが使われている国もありますね。

1オンス≒28.3グラムです。

4.5オンス≒130グラムになります。

以前のブログで顎間ゴムについて書いたことがあります。
顎間ゴム(顎間エラスティック)

顎間ゴムは単にエラスティック(elastics)と言うこともあります。

矯正治療中に良く使われる、この顎間ゴムですが、サイズには 1/8"、3/16"、1/4"、5/16"など色々とあります。

これは直径24ミリを基準にしています。

なので 1/4"のゴムは直径6ミリのゴムということです。

さらに、ゴムが入っているパッケージには4.5 oz や6.0 oz と表記されているものがあります。

これはゴムの直径が3倍になった時の力の大きさを表しています。

なので、1/4"、4.5 oz と表記されていれば、直径が6ミリの3倍 = 18ミリになった時に4.5 オンス = 130グラムの力が掛かります、という意味です。

現在、顎間ゴムをご使用中の方は試しにパッケージを見てみて下さいね。

せごし矯正歯科医院

2010年12月17日

 
今日は昨日の補足です。
顎間ゴムの効用

顎間ゴムの説明をさせて頂く際に「口を開けられますか?」「しゃべれますか?」というご質問を頂くことが多いです。

勿論、口を開けることもしゃべることも普段通りに可能です。

小さな輪ゴムを使うのですが、口を開けられないほどの強い力はかえって歯の動きを遅くしてしまいます。

裏側矯正の場合はゴムもなるべく見えないように、ゴムを掛ける場所を考えています。

せごし矯正歯科医院

2010年12月16日


本日来院されたM様には顎間ゴムを使用して頂いています。

顎間ゴムについては最近のブログで書かせて頂きました。
顎間ゴム(顎間エラスティック)
顎間ゴム(エラスティック)は24時間の使用が基本です

その、顎間ゴムですが、M様がとても面白いことを仰っていました。

M様は、夜寝ている時に口が開いてしまい、朝起きるとのどが痛かったそうです。

でも、顎間ゴムを使うようになってからは自然と口が閉じるようになったので、のどの痛みが無くなったそうです。

また、外でうたた寝をしてしまうような時でも顎間ゴムのお蔭で口が開かないので良いとのことでした。

顎間ゴムの効用ですね。

M様、これからも顎間ゴムを頑張ってお使い下さい!

せごし矯正歯科医院


関連ブログ
顎間ゴムはしゃべれますよ
顎間ゴム(エラスティック elastics)のサイズと力の強さ

2010年12月14日


 
 
矯正治療では顎間(がっかん)ゴムというものを使用することがあります。

顎間ゴムについては12月1日のブログで書かせて頂きました。
顎間ゴム(顎間エラスティック)

今日はその補足をさせて頂きます。

前回の最後には「食事と歯磨き以外は24時間ゴムを使って頂きます」と書きました。

歯を動かすことを目的とした顎間ゴムは24時間使う必要があるのです。

それは、力を掛けて動かした歯に対して、力を掛けることをやめてしまうと後戻りが起こります。

残念ながら、戻るスピードの方が速いのです。

「寝ている間は毎日使っていました」と仰る方がいらっしゃいます。

でも朝になってゴムをやめてしまうと、せっかく動いた歯は午前中には戻ってしまうと思います。

それくらい、戻るスピードは速いのです。

なので、基本は24時間の使用が必要なのです。

でも、頑張って顎間ゴムを使って頂くと、早くきれいに治すことが出来るのです。

せごし矯正歯科医院

2010年12月 1日

矯正治療では患者さまに小さな輪ゴムを使って頂くことがあります。

「顎間(がっかん)ゴム」と言います。

分かりやすい例としては上下の歯が離れている場合をイメージして下さい。

上の歯の装置と下の歯の装置に輪ゴムを掛けてお互いを引っ張り合うと、上下の歯が近付いて咬み合うようになります。

顎間ゴムは掛け方によって色々な種類があります。

Ⅱ級ゴム(classⅡ elastic)、Ⅲ級ゴム(classⅢ elastic)、交叉ゴム(cross elastic)などなど。

先程の例は垂直ゴム(up and down elastic)と言います。

顎間ゴムは食事と歯磨き以外は24時間使って頂きます。

このゴムは最初は面倒ですが頑張って使って頂くと、早くきれいに治すことが出来るんですよ。

せごし矯正歯科医院


関連ブログ
顎間ゴム(エラスティック)は24時間の使用が基本です
顎間ゴムの効用
顎間ゴムはしゃべれますよ
顎間ゴム(エラスティック elastics)のサイズと力の強さ

顎間ゴム
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
せごし矯正歯科医院 せごし矯正歯科医院
院長 瀬越健介
www.segoshi-kyosei.com
【経歴】
平成9年 東北大学歯学部卒業 歯科医師免許取得
平成9年 鶴見大学歯学部附属病院 臨床研修医
平成10年 鶴見大学歯学部矯正学教室 臨床専科生
平成12年 鶴見大学歯学部矯正学教室 診療科助手
平成16年 鶴見大学歯学部歯科矯正学講座 助手
平成17年 日本矯正歯科学会認定医取得
平成18年 神宮前矯正歯科 勤務
平成20年 神宮前矯正歯科 副院長
平成22年 せごし矯正歯科医院開院