«  2012年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2011年2月 3日

「部分的な矯正で簡単に治せませんか?」と聞かれることがあります。

プチ矯正なんて言葉もありますね。

お気持ちは良く分かります。

しかし、部分的な矯正(MTM:Minor Tooth Movement)で不正咬合(良くない歯並び咬み合わせ)を簡単に治せることは稀です。

奥に隠れている虫歯を治すために少しだけ歯を動かすなんていう場合はそうでもありませんが、基本的に部分矯正は難しいです。

咬み合わせは上下の歯で作るものです。

それを部分的な歯の移動だけで治すとなると中途半端な形でしか仕上げられません。

矯正治療は、動かしたくない歯をいかに動かさないか、ということがポイントになってきます。

前歯を奥に引っ込める時は、奥歯からゴムなどを利用して前歯を引っ張ります。

しかし、引っ張られた奥歯は前に動いてしまいます。

そこが問題なのです。

1本の歯を動かそうとした場合、少なくとも5本の歯が動きを支えないときれいに動いてくれません。

1本の歯に力を掛けると必ず反作用の力が他の歯に掛かってしまうので、部分矯正って難しいのです。

せごし矯正歯科医院

2011年1月18日

前回のブログで矯正力を掛けると歯は少し動揺するということを書きました。

それはなぜか?ということを今日はお話しします。

歯は歯槽骨(しそうこつ)に支えられています。

歯の根っこと歯槽骨の間には歯根膜という靭帯が介在しています。

この歯根膜の中に骨を溶かす細胞(破骨細胞)と骨を作る細胞(骨芽細胞)がいて骨の中を歯が移動できるのです。

健康な歯根膜の厚みは0.2ミリくらいです。

ところが、矯正力を掛けると骨を溶かす細胞(破骨細胞)と骨を作る細胞(骨芽細胞)の働きで歯根膜は倍くらいの厚みになるのです。

なので少しグラグラするのです。

歯を動かす治療が終わって、保定治療(後戻りを防ぐ治療)に入ると元の歯根膜の厚みに戻って行くので動揺もなくなっていきます。

せごし矯正歯科医院

2011年1月13日


昨日は通院間隔の話でしたが、同じことが矯正力についても言えます。

「あまり痛くないんですけど、もっと力を掛けても良いのでは?」

そう聞かれることがあります。

痛くないというのは良いことです。

痛み無く、速く歯が動いてくれるのが理想的です。

歯が動くためには歯根周囲の細胞達がうまく働く必要があります。

歯根周囲の骨(歯槽骨)を溶かす細胞(破骨細胞)と作る細胞(骨芽細胞)がうまく働いてくれないと歯はきれいに動きません。

力が強過ぎると、昨日の話と同じように細胞の活性が落ちてしまうので、かえって歯の動きが遅くなります。

せごし矯正歯科医院

2011年1月12日

通常、矯正治療の通院間隔は4週が目安ですが、これを半分の2週にしたら歯は速く動くでしょうか?

答えはNoです。

歯は歯槽骨という骨に埋まっています。

歯と歯槽骨の間には歯根膜という靭帯が介在しています。

この歯根膜の中に骨を溶かす細胞(破骨細胞)と骨を作る細胞(骨芽細胞)がいます。

この細胞達がうまく働いてくれて初めて歯がきれいに動くのです。

通院間隔を短くしてしまうと、細胞達が働きっぱなしで休む時間が無くなってしまうと考えて頂ければ分かりやすいかもしれませんね。

せごし矯正歯科医院

2010年10月13日

矯正は子どもの頃にやるもの。

そう勘違いされている方がいらっしゃいます。

実際には矯正に年齢は関係ありません。

でも、大人になると、特に30代以降の方の場合は徐々にリスクが高くなっていくのは事実です。

それは歯周病がからんでくるからです。

矯正治療の場合、骨の中を歯が動いて行きます。
進行方向の骨が溶けて歯が動き、反対側の骨が作られます。

虫歯は虫歯菌の出す酸によって歯が溶ける病気ですが、歯周病は歯を支えている骨が溶けて行く病気です。

歯周病の方の歯は良く動くのですが、骨がうまく作られていかないことが問題なのです。
歯周病が軽度であれば良いのですが、重度になると矯正治療に耐えられなくなります。


話を元に戻しますが、大人の方でも骨がしっかりしていれば何歳になっても矯正可能です。

矯正に年齢が関係ないというのはそういうことです。

私は70歳の方の矯正治療をさせて頂いたことがあります。

心配な方は一度ご相談下さい。

せごし矯正歯科医院

歯の動き
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
せごし矯正歯科医院 せごし矯正歯科医院
院長 瀬越健介
www.segoshi-kyosei.com
【経歴】
平成9年 東北大学歯学部卒業 歯科医師免許取得
平成9年 鶴見大学歯学部附属病院 臨床研修医
平成10年 鶴見大学歯学部矯正学教室 臨床専科生
平成12年 鶴見大学歯学部矯正学教室 診療科助手
平成16年 鶴見大学歯学部歯科矯正学講座 助手
平成17年 日本矯正歯科学会認定医取得
平成18年 神宮前矯正歯科 勤務
平成20年 神宮前矯正歯科 副院長
平成22年 せごし矯正歯科医院開院