«  2012年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2011年3月20日

昨日はパワーチェーン(power chain)について書かせて頂きましたが、パワーチェーン(power chain)と同じように使えるゴムとして『スレッド(thread)』というものがあります。

エラスティックスレッド(elastic thread)はゴムの糸のことです。

パワーチェーン(power chain)は小さな輪ゴムが鎖状につながっているので、前歯の隙間を閉じる時に表側の装置で使うと目立ちます。

特に、ゴムは着色しやすいのでだんだんと黄色くなっていきます。

カレーなどの着色料の多いものを食べると一発で黄色くなります。

そんな時にエラスティックスレッド(elastic thread)を使います。

ゴムなので勿論着色しますがパワーチェーン(power chain)ほどは目立ちません。

勿論、裏側矯正の場合は関係ありませんけどね。

エラスティックスレッド(elastic thread)は色々と使えるので重宝しています。

せごし矯正歯科医院

2011年3月19日

歯を動かすには、「歯を押して動かす」、「歯を引っ張って動かす」の2つが基本です。

前回は、「歯を押して動かす」時に使うオープンコイルスプリング(open coil spring)について書かせて頂きました。

今日は「歯を引っ張って動かす」時に使うパワーチェーン(power chain)についてです。

エラスティックチェーン(elastic chain)、チェーンエラスティック(chain elastic)と言ったり、リングレット(ringlet)と言う場合もあるようですね。

パワーチェーン(power chain)は小さなゴムが鎖状につながっているものです。

既に隙間がある所に歯を動かす、あるいは隙間を閉じる時に使います。

多いのは前歯と奥歯にパワーチェーン(power chain)を掛けて、前歯を奥に引っ張るパターンですね。

そうそう、前回のオープンコイルスプリング(open coil spring)に対してクローズドコイルスプリング(closed coil spring)というものもあります。

使い方はパワーチェーン(power chain)と同じですが、パワーチェーン(power chain)の方が圧倒的に多く使われています。

パワーチェーン(power chain)の方が種類が豊富で扱いやすいからです。

せごし矯正歯科医院

2011年3月18日

歯を動かすには、「歯を押して動かす」、「歯を引っ張って動かす」の2つが基本です。

「歯を押して動かす」時に使うのがオープンコイルスプリング(open coil spring)です。

コイル状のバネ(spring)です。

成人矯正で隙間を作りたい時に使うことが多いのですが、ブラケットとブラケットの間に長いコイルスプリング(coil spring)を縮めてセットします。

すると、コイルスプリング(coil spring)は元の長さに戻ろうとするので歯と歯の間に隙間が出来ます。

ガタガタの状態がひどくて歯に装置が付けられない場合は、まずコイルスプリング(coil spring)で隙間を作る作業を行ないます。

コイルスプリング(coil spring)の材質も色々あります。

以前に書かせて頂いたニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)のコイルスプリング(coil spring)は弱い力を発揮し続けるので私は好んで使っています。

次回は、「歯を引っ張って動かす」時に使う『パワーチェーン(power chain)』についてです。

せごし矯正歯科医院

2011年3月17日

矯正装置が付くと唇や頬、舌に装置やワイヤーが当たって痛い場合があります。

応急処置用として痛い所をカバーする歯科専用のワックスを差し上げていますが、これはあくまでも応急処置用なので一時的なものです。

ワックスは食事や歯磨きで取れてしまいます。

特に心配な方には最近発売されたシリコンの保護材をお渡ししていますが、いつも同じ所が気になる、あるいは痛い場合はその場所をしっかりとカバーする必要があります。

当院ではエバダインという仮封材を使ってカバーさせて頂いています。

仮封材というのは仮の詰め物です。

虫歯の治療で削った所に仮の詰め物として使うのが本来の使い方です。

デュラシールというものも仮封材として一般的ですが、エバダインは光重合型と言って光が当たると固まります。

臭いも無いです。

普段そんなに使うものではないのですが、エバダインは扱いやすく、光を当てるとすぐに固まるので重宝しています。

せごし矯正歯科医院

2011年3月 2日


ニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)パートⅡです。

形状記憶合金であるニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)ですが、ニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)の代表的な特性として超弾性があります。

通常のワイヤーに力を加えて変形させて行くことをイメージして下さい。

少し変形させる時は弱い力、大きく変形させる時は強い力が必要ですよね。

ところが、超弾性という特性を持っているニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)の場合は、少し変形させる場合も大きく変形させる場合もほぼ同じ力で変形させることが出来るのです。

言い方を変えると、少しの力で大きく変形させることが出来ます。

また別の言い方をすると、大きく変形している状態を維持するのに弱い力で大丈夫ということです。

ガタガタの強い歯並びの状態でワイヤーをすべての歯に通すとワイヤーはかなり変形します。

この時にニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)を使うと、ワイヤーはかなり変形していても歯に加わる力は弱いままなのです。

すごいでしょ?

ただし、ニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)の材質もピンキリです。

超弾性を持っていないニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)も存在します。

勿論、当院では超弾性ニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)を使っています。

ニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)も細いものから太いものまであるので、最初は細いワイヤーから使います。

せごし矯正歯科医院

2011年3月 1日

ガタガタの歯並びをきれいにするには、

1. ブラケット(bracket)という矯正装置を接着剤を使って個々の歯に付ける
2. ワイヤーを通して少しずつ歯を並べて行く

という手順を踏みます。

初めてワイヤーを通す時は細くて軟らかいワイヤーを使います。

この時に活躍するのがニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)です。

ニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)を一言で言うと、やわらかい形状記憶合金ワイヤーです。

一般的な針金をイメージして頂きたいのですが、例えば針金で出来ているハンガー、こういう針金って曲げられますよね。

針金に力を加えると変形させることが出来ます。

ところが、ニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)は形状記憶合金なのです。

力を加えても元の形に戻ります。

かなり強い力を掛けると曲げることも出来ますが、通常の治療で使っている範囲では変形しません。

弱い力をずっと発揮し続けるのです。

私が矯正医になった時にはもう一般的だったニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)ですが、ニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)が登場するまで昔は大変だったそうです。

歯に力が掛かり過ぎないように、通常の細いワイヤーを手作業で複雑に曲げていたそうです。

ニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)の種類もかなり豊富になりました。

数あるニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)の中から最適なものを選択することにより、痛みを抑えて早くきれいに治療することが可能になっています。

せごし矯正歯科医院


関連ブログ
ニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)の特性:超弾性

2011年2月19日

今回はセパレーション(separation)についてです。

セパレート(separate)とは「引き離す」「分割する」という意味ですね。

矯正歯科では歯と歯を引き離して隙間を作る意味で使っています。

どういう時にセパレート(separate)するかというと、奥歯にバンド(band)という金属の輪っかをはめる時です。

健康な歯と歯は密に接触しているものです。

バンド(band)は薄い金属で出来ていますが、歯と歯の間に隙間がまったく無いとバンド(band)を入れることが出来ません。

そこで、セパレーター(separator)の登場です。

歯と歯の間にセパレーター(separator)を入れることによって、ほんの少しですが隙間を作ります。

色々なセパレーター(separator)がありますが、一般的にはゴムで出来ているものが多く使われています。

ブラスワイヤーというものを使うこともあります。

せごし矯正歯科医院


関連ブログ
セパレーション(separation)②
セパレーション(separation)③

矯正材料
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
せごし矯正歯科医院 せごし矯正歯科医院
院長 瀬越健介
www.segoshi-kyosei.com
【経歴】
平成9年 東北大学歯学部卒業 歯科医師免許取得
平成9年 鶴見大学歯学部附属病院 臨床研修医
平成10年 鶴見大学歯学部矯正学教室 臨床専科生
平成12年 鶴見大学歯学部矯正学教室 診療科助手
平成16年 鶴見大学歯学部歯科矯正学講座 助手
平成17年 日本矯正歯科学会認定医取得
平成18年 神宮前矯正歯科 勤務
平成20年 神宮前矯正歯科 副院長
平成22年 せごし矯正歯科医院開院