«  2012年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 小児矯正(第一期治療)のメリット ~横浜・中区・関内で矯正するなら~せごし矯正歯科医院 | メイン | 昨日は歯科検診に行ってきました ~横浜・中区・関内で矯正するなら~せごし矯正歯科医院 »

2011年7月31日

先日のことですが、受け口(反対咬合)を治したいとのことでカウンセリングにいらっしゃった方がいます。

治すためには外科手術で下あごを切る必要があると他院で言われたそうです。

怖くなってそれっきりになってしまったそうです。


当院でも外科手術をお勧めすることがあります。

下顎前突の治療は上の前歯を前に、下の前歯を内側に動かして治します。

骨格の問題が強い場合は必要以上に歯を動かさなければなりません。

歯は骨(歯槽骨)の中でしか移動できません。

骨の厚みには限界があるので移動量に無理が生じる場合は外科手術で骨格から(土台から)治す必要が出てきます。

特に骨格的な問題のある反対咬合の場合は、上の前歯が前に、下の前歯が内側に元々傾いている場合が多いです。

それを無理に矯正単独で治そうとすると、さらに上の前歯を前に、下の前歯を内側に動かさなければいけなくなるので限界を超えてしまうのです。

確かに外科手術は怖いですよね。

外科手術で反対咬合を治される方はそれだけの覚悟が必要になります。

ただ、以前に比べればかなり安全性は確立されていますし、手術を受けられる方は昔に比べれば増えています。

勿論オペですので100パーセント安全だと断言はできませんが術式が確立されています。

矯正だけで無理に治療せずに外科矯正で治すというのは矯正の世界では一般的になっています。


せごし矯正歯科医院

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.segoshi-kyosei.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/788

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
せごし矯正歯科医院 せごし矯正歯科医院
院長 瀬越健介
www.segoshi-kyosei.com
【経歴】
平成9年 東北大学歯学部卒業 歯科医師免許取得
平成9年 鶴見大学歯学部附属病院 臨床研修医
平成10年 鶴見大学歯学部矯正学教室 臨床専科生
平成12年 鶴見大学歯学部矯正学教室 診療科助手
平成16年 鶴見大学歯学部歯科矯正学講座 助手
平成17年 日本矯正歯科学会認定医取得
平成18年 神宮前矯正歯科 勤務
平成20年 神宮前矯正歯科 副院長
平成22年 せごし矯正歯科医院開院