«  2012年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 矯正治療の継続(転院)を受け入れております ~横浜・中区・関内で矯正するなら~せごし矯正歯科医院 | メイン | 異常結節①中心結節 ~横浜・中区・関内で矯正するなら~せごし矯正歯科医院 »

2011年4月21日

八重歯は専門的には上顎犬歯低位唇側転位、英語だとHigh canineと言います。

上の3番目の歯である犬歯が並びきらなくなっている状態ですね。

下の歯は八重歯って言いません。

なぜ八重歯になるのか、ご存知ですか?

それは乳歯から永久歯に生え変わる時に問題があります。

歯の生えてくる順番に関係しているのです。

下の歯は1番、2番、3番、4番、5番という順番に生えてきます。

ところが上の歯は1番、2番、4番、5番、3番という順番で生えてくることが多いのです。

人によっては1番、2番、3番で生えてくる方もいらっしゃいますが、3番が5番よりも後に生えてくることが多いのです。

ここがポイントです。

乳歯が早く抜けてしまうとどうなるか?

奥歯が前に動いて隙間が少しずつ閉じてしまいます。

後から生えてくる3番の隙間が無くなってしまうのです。

こうして八重歯になるのです。

乳歯が残っていても元々隙間が足りない方もいらっしゃるので要注意です。

せごし矯正歯科医院

関連ブログ
八重歯(犬歯)を抜いてはいけません
八重歯(犬歯)を抜く時
乳歯は早く抜けても大丈夫?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.segoshi-kyosei.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/774

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
せごし矯正歯科医院 せごし矯正歯科医院
院長 瀬越健介
www.segoshi-kyosei.com
【経歴】
平成9年 東北大学歯学部卒業 歯科医師免許取得
平成9年 鶴見大学歯学部附属病院 臨床研修医
平成10年 鶴見大学歯学部矯正学教室 臨床専科生
平成12年 鶴見大学歯学部矯正学教室 診療科助手
平成16年 鶴見大学歯学部歯科矯正学講座 助手
平成17年 日本矯正歯科学会認定医取得
平成18年 神宮前矯正歯科 勤務
平成20年 神宮前矯正歯科 副院長
平成22年 せごし矯正歯科医院開院