«  2012年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 悪習癖(不良習癖)③弄唇癖(咬唇癖、吸唇癖) ~横浜・中区・関内で矯正するなら~せごし矯正歯科医院 | メイン | 悪習癖(不良習癖)⑤咬爪癖 ~横浜・中区・関内で矯正するなら~せごし矯正歯科医院 »

2011年3月10日

普段から口を開けて鼻呼吸(びこきゅう)出来ず、口で呼吸している状態を口呼吸(こうこきゅう)と言います。

口呼吸は分かりやすく「くちこきゅう」って言うこともあるようですね。

口呼吸は上顎前突(出っ歯)の原因になることがあります。

鼻が詰まっていたり、アデノイド(咽頭扁桃という所が肥大している状態)など鼻腔系の異常があれば口呼吸になってしまいます。

口呼吸により口の中が乾燥して細菌が繁殖しやすくなり、虫歯や歯肉炎を起こしやすくなるだけでなく、口呼吸は様々な病気を引き起こすと言われています。

鼻呼吸であれば、鼻の粘膜がフィルターの働きを持っているので空気中の埃や雑菌を除去してくれます。

また、鼻の中を空気が通ることにより乾燥した空気が直接肺に入ることを防いでくれます。

乾燥した空気は肺を痛め、酸素の吸収率を低下させます。

口呼吸は乾燥した空気が直接肺に入り、埃、雑菌が体内に入り込みます。

結果、脳や筋肉の活性、免疫力を低下させます。

口呼吸は矯正学的にだけでなく全身にとっても良いことがありません。

せごし矯正歯科医院


関連ブログ
開咬(open bite)
悪習癖(不良習癖)①指しゃぶり(吸指癖)
悪習癖(不良習癖)②舌癖(舌突出癖・弄舌癖)
悪習癖(不良習癖)③弄唇癖(咬唇癖、吸唇癖)

悪習癖(不良習癖)⑤咬爪癖
悪習癖(不良習癖)⑥睡眠態癖
悪習癖(不良習癖)番外編;これが一番大切なことです

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.segoshi-kyosei.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/749

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
せごし矯正歯科医院 せごし矯正歯科医院
院長 瀬越健介
www.segoshi-kyosei.com
【経歴】
平成9年 東北大学歯学部卒業 歯科医師免許取得
平成9年 鶴見大学歯学部附属病院 臨床研修医
平成10年 鶴見大学歯学部矯正学教室 臨床専科生
平成12年 鶴見大学歯学部矯正学教室 診療科助手
平成16年 鶴見大学歯学部歯科矯正学講座 助手
平成17年 日本矯正歯科学会認定医取得
平成18年 神宮前矯正歯科 勤務
平成20年 神宮前矯正歯科 副院長
平成22年 せごし矯正歯科医院開院