«  2012年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« ニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire) ~横浜・中区・関内で矯正するなら~せごし矯正歯科医院 | メイン | 顎間ゴム(エラスティック elastics)のサイズと力の強さ ~横浜・中区・関内で矯正するなら~せごし矯正歯科医院 »

2011年3月 2日


ニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)パートⅡです。

形状記憶合金であるニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)ですが、ニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)の代表的な特性として超弾性があります。

通常のワイヤーに力を加えて変形させて行くことをイメージして下さい。

少し変形させる時は弱い力、大きく変形させる時は強い力が必要ですよね。

ところが、超弾性という特性を持っているニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)の場合は、少し変形させる場合も大きく変形させる場合もほぼ同じ力で変形させることが出来るのです。

言い方を変えると、少しの力で大きく変形させることが出来ます。

また別の言い方をすると、大きく変形している状態を維持するのに弱い力で大丈夫ということです。

ガタガタの強い歯並びの状態でワイヤーをすべての歯に通すとワイヤーはかなり変形します。

この時にニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)を使うと、ワイヤーはかなり変形していても歯に加わる力は弱いままなのです。

すごいでしょ?

ただし、ニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)の材質もピンキリです。

超弾性を持っていないニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)も存在します。

勿論、当院では超弾性ニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)を使っています。

ニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)も細いものから太いものまであるので、最初は細いワイヤーから使います。

せごし矯正歯科医院

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.segoshi-kyosei.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/743

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
せごし矯正歯科医院 せごし矯正歯科医院
院長 瀬越健介
www.segoshi-kyosei.com
【経歴】
平成9年 東北大学歯学部卒業 歯科医師免許取得
平成9年 鶴見大学歯学部附属病院 臨床研修医
平成10年 鶴見大学歯学部矯正学教室 臨床専科生
平成12年 鶴見大学歯学部矯正学教室 診療科助手
平成16年 鶴見大学歯学部歯科矯正学講座 助手
平成17年 日本矯正歯科学会認定医取得
平成18年 神宮前矯正歯科 勤務
平成20年 神宮前矯正歯科 副院長
平成22年 せごし矯正歯科医院開院