«  2012年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« スルガ銀行さんのデンタルローンをご利用頂けるようになりました ~横浜・中区・関内で矯正するなら~せごし矯正歯科医院 | メイン | ニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)の特性:超弾性 ~横浜・中区・関内で矯正するなら~せごし矯正歯科医院 »

2011年3月 1日

ガタガタの歯並びをきれいにするには、

1. ブラケット(bracket)という矯正装置を接着剤を使って個々の歯に付ける
2. ワイヤーを通して少しずつ歯を並べて行く

という手順を踏みます。

初めてワイヤーを通す時は細くて軟らかいワイヤーを使います。

この時に活躍するのがニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)です。

ニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)を一言で言うと、やわらかい形状記憶合金ワイヤーです。

一般的な針金をイメージして頂きたいのですが、例えば針金で出来ているハンガー、こういう針金って曲げられますよね。

針金に力を加えると変形させることが出来ます。

ところが、ニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)は形状記憶合金なのです。

力を加えても元の形に戻ります。

かなり強い力を掛けると曲げることも出来ますが、通常の治療で使っている範囲では変形しません。

弱い力をずっと発揮し続けるのです。

私が矯正医になった時にはもう一般的だったニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)ですが、ニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)が登場するまで昔は大変だったそうです。

歯に力が掛かり過ぎないように、通常の細いワイヤーを手作業で複雑に曲げていたそうです。

ニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)の種類もかなり豊富になりました。

数あるニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)の中から最適なものを選択することにより、痛みを抑えて早くきれいに治療することが可能になっています。

せごし矯正歯科医院


関連ブログ
ニッケルチタンワイヤー(Ni-Ti wire)の特性:超弾性

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.segoshi-kyosei.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/742

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
せごし矯正歯科医院 せごし矯正歯科医院
院長 瀬越健介
www.segoshi-kyosei.com
【経歴】
平成9年 東北大学歯学部卒業 歯科医師免許取得
平成9年 鶴見大学歯学部附属病院 臨床研修医
平成10年 鶴見大学歯学部矯正学教室 臨床専科生
平成12年 鶴見大学歯学部矯正学教室 診療科助手
平成16年 鶴見大学歯学部歯科矯正学講座 助手
平成17年 日本矯正歯科学会認定医取得
平成18年 神宮前矯正歯科 勤務
平成20年 神宮前矯正歯科 副院長
平成22年 せごし矯正歯科医院開院