«  2012年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« マルチブラケット(multi-bracket) ~横浜・中区・関内で矯正するなら~せごし矯正歯科医院 | メイン | 近心と遠心 ~横浜・中区・関内で矯正するなら~せごし矯正歯科医院~ »

2011年3月23日

成人矯正で使われているマルチブラケット(multi-bracket)装置ですが、中でもエッジワイズブラケット(edgewise bracket)が最も使われています。

「edge」というのは「端」、「wise」というのは「方向」という意味です。

つなげると、「端の方向」になりますが、今回はこれについて書かせて頂きます。

内容はこれから矯正を勉強する方や歯科関係者向けですね。


エッジワイズの反対はフラットワイズ(flatwise)です。

木の板に力を加えて変形させることをイメージして下さい。

板のフラットな広い面に力を加える時の力の方向がフラットワイズ(flatwise)。

板の端っこの狭い面に力を加える時の力の方向がエッジワイズ(edgewise)です。

この場合エッジワイズ(edgewise)で力を掛けた方が木の板の変形は少ないですね。

まぁ、それは置いておいて・・・。

矯正治療で使用するワイヤーには角線(角ワイヤー、レクトアンギュラーワイヤー;rect angular wire)というものがあります。

このワイヤーの断面は長方形です。

長方形なので縦と横があります。

短い方をエッジ、長い方をフラットとします。

エッジワイズブラケット(edgewise bracket)とは、ワイヤーをブラケットの溝(スロット:slot)に差し込む方向がエッジワイズ(edgewise)なのです。

このエッジワイズ(edgewise)で角線を使うことにより歯を3次元的に動かすことが可能になります。

せごし矯正歯科医院

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.segoshi-kyosei.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/759

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
せごし矯正歯科医院 せごし矯正歯科医院
院長 瀬越健介
www.segoshi-kyosei.com
【経歴】
平成9年 東北大学歯学部卒業 歯科医師免許取得
平成9年 鶴見大学歯学部附属病院 臨床研修医
平成10年 鶴見大学歯学部矯正学教室 臨床専科生
平成12年 鶴見大学歯学部矯正学教室 診療科助手
平成16年 鶴見大学歯学部歯科矯正学講座 助手
平成17年 日本矯正歯科学会認定医取得
平成18年 神宮前矯正歯科 勤務
平成20年 神宮前矯正歯科 副院長
平成22年 せごし矯正歯科医院開院