«  2012年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 保定(retention)  ~横浜・中区・関内で矯正するなら~せごし矯正歯科医院 | メイン | 固定式保定装置(fix retainer) ~横浜・中区・関内で矯正するなら~せごし矯正歯科医院 »

2011年2月25日


前回は保定(retention)について書かせて頂きました。

保定(retention)では保定装置(retainer:リテーナー)というものを使います。

取り外しの出来る可撤式保定装置(removable retainer)が一般的ですね。

直径0.9ミリの太めのワイヤーとレジンという樹脂を使って作ります。

入れ歯みたいな装置です。

余談ですが、私が矯正治療を受けていた時は先生が保定装置(retainer:リテーナー)のことを「入れ歯」と仰っていたので、「え?せっかく矯正したのに入れ歯になっちゃうの?」ってドキドキしたことを覚えています。

話を戻して、この保定装置(retainer:リテーナー)ですが、食事と歯磨き以外は24時間の使用が基本です。

特に矯正装置を外した直後は後戻り(relapse)しやすいので頑張って24時間の使用をお勧めしています。

ただ、なるべく装置を目立たせたくないという方も多くいらっしゃるので、日中は目立たない透明な保定装置;クリアリテイナー(clear retainer)を使って頂いています。

クリアリテイナー(clear retainer)はマウスピースタイプです。

保定に入って半年から1年くらい経つと少し安定してくるので、保定装置(retainer:リテーナー)の使用を就寝時のみに切り替えます。

そうして様子を見ながら少しずつ使用時間を短くしていきます。

せごし矯正歯科医院

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.segoshi-kyosei.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/739

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
せごし矯正歯科医院 せごし矯正歯科医院
院長 瀬越健介
www.segoshi-kyosei.com
【経歴】
平成9年 東北大学歯学部卒業 歯科医師免許取得
平成9年 鶴見大学歯学部附属病院 臨床研修医
平成10年 鶴見大学歯学部矯正学教室 臨床専科生
平成12年 鶴見大学歯学部矯正学教室 診療科助手
平成16年 鶴見大学歯学部歯科矯正学講座 助手
平成17年 日本矯正歯科学会認定医取得
平成18年 神宮前矯正歯科 勤務
平成20年 神宮前矯正歯科 副院長
平成22年 せごし矯正歯科医院開院