«  2012年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 矯正力は強過ぎると良いことがありません ~横浜・中区・関内で矯正するなら~せごし矯正歯科医院 | メイン | レジンキャップ(resin cap)はなるべく早めに外します ~横浜・中区・関内で矯正するなら~せごし矯正歯科医院 »

2011年1月14日

今日の午前中はハーフリンガル(上;裏側、下;表側)のブラケットを付けさせて頂きました。

裏側(舌側)矯正の場合は下の歯が上の裏側の装置に当たってしまうことが良くあります。

咬み合わせの深い場合(上の前歯が下の前歯を覆う割合が大きい場合)は確実に当たってしまいます。

この場合、奥歯はまったく咬めない状態になります。

逆に表側矯正の場合でも咬み合わせが深いと上の歯と下の装置が当たってしまいます。

こういう時は、上の奥歯(下でも良いのですが)の咬合面(上下の歯が接触する面)にレジンという樹脂のかたまりを接着して奥歯が咬めるようにしてあげます。

小さな帽子を歯に乗っけている感じなのでレジンキャップと言います。

このレジンキャップを使うことにより一時的に咬み合わせを高くします。

咬み合わせを高くすることを咬合挙上(こうごうきょじょうbite up)と言います。

せごし矯正歯科医院

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.segoshi-kyosei.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/709

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
せごし矯正歯科医院 せごし矯正歯科医院
院長 瀬越健介
www.segoshi-kyosei.com
【経歴】
平成9年 東北大学歯学部卒業 歯科医師免許取得
平成9年 鶴見大学歯学部附属病院 臨床研修医
平成10年 鶴見大学歯学部矯正学教室 臨床専科生
平成12年 鶴見大学歯学部矯正学教室 診療科助手
平成16年 鶴見大学歯学部歯科矯正学講座 助手
平成17年 日本矯正歯科学会認定医取得
平成18年 神宮前矯正歯科 勤務
平成20年 神宮前矯正歯科 副院長
平成22年 せごし矯正歯科医院開院