«  2012年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« レジンキャップ(resin cap)はなるべく早めに外します ~横浜・中区・関内で矯正するなら~せごし矯正歯科医院 | メイン | 矯正するとなぜ歯がグラグラしてくるの? ~横浜・中区・関内で矯正するなら~せごし矯正歯科医院 »

2011年1月16日


昨日、一昨日とレジンキャップ(resin cap)について書かせて頂きました。

そもそも奥歯が咬めなくなるので付けるレジンキャップですが、外してしまうと当然奥歯はまた咬めなくなってしまいます。

矛盾していますね。

でも大丈夫なんです。

なぜ大丈夫なのかと言うと・・・。

矯正をスタートさせると力の掛かった歯は少しグラグラしてきます。

何も矯正していない場合の健康な歯はグラグラなんてしていません。

上の歯と下の歯が部分的にガツガツ当たってしまうと頭痛や顎関節症の原因になってしまいます。

ところが、少しグラグラしている場合は上下の歯が当たっても少しくらいなら力が逃げてくれるので大丈夫なのです。

それと、もう一つ理由があります。

ワイヤー交換などで調整した直後は3日くらい痛いので前歯で強く咬むことが出来ません。

そういう時期を狙ってレジンキャップを外すのです。

せごし矯正歯科医院

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.segoshi-kyosei.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/711

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
せごし矯正歯科医院 せごし矯正歯科医院
院長 瀬越健介
www.segoshi-kyosei.com
【経歴】
平成9年 東北大学歯学部卒業 歯科医師免許取得
平成9年 鶴見大学歯学部附属病院 臨床研修医
平成10年 鶴見大学歯学部矯正学教室 臨床専科生
平成12年 鶴見大学歯学部矯正学教室 診療科助手
平成16年 鶴見大学歯学部歯科矯正学講座 助手
平成17年 日本矯正歯科学会認定医取得
平成18年 神宮前矯正歯科 勤務
平成20年 神宮前矯正歯科 副院長
平成22年 せごし矯正歯科医院開院