«  2012年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 明けましておめでとうございます ~横浜・中区・関内で矯正するなら~せごし矯正歯科医院 | メイン | クリアブラケット ~横浜・中区・関内で矯正するなら~せごし矯正歯科医院 »

2011年1月 6日


ブリッジがある場合は一度切断して支台歯を仮歯に置き換えることが多いです。

ブリッジとは、歯が無い所(欠損歯)の両隣りの歯を金属で橋渡しすることです。

欠損歯が1本だったらブリッジは全部で歯3本分の大きさの金属のかたまりになります。

矯正治療は個々の歯を動かして歯並びと咬み合わせを整えるものです。

3本もの歯が一つに固まっていたら、細かな調整が出来なくなります。

ブリッジがある場合は、欠損している歯のスペースを矯正治療で閉じてしまうこともあります。

治療の最終ゴールをどこに設定するかで大きく変わりますが、基本的にはブリッジは切断して仮歯に置き換えることが多いです。

せごし矯正歯科医院

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.segoshi-kyosei.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/702

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
せごし矯正歯科医院 せごし矯正歯科医院
院長 瀬越健介
www.segoshi-kyosei.com
【経歴】
平成9年 東北大学歯学部卒業 歯科医師免許取得
平成9年 鶴見大学歯学部附属病院 臨床研修医
平成10年 鶴見大学歯学部矯正学教室 臨床専科生
平成12年 鶴見大学歯学部矯正学教室 診療科助手
平成16年 鶴見大学歯学部歯科矯正学講座 助手
平成17年 日本矯正歯科学会認定医取得
平成18年 神宮前矯正歯科 勤務
平成20年 神宮前矯正歯科 副院長
平成22年 せごし矯正歯科医院開院