«  2012年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« クリアブラケット ~横浜・中区・関内で矯正するなら~せごし矯正歯科医院 | メイン | 矯正治療における日本と欧米の価値観の違い ~横浜・中区・関内で矯正するなら~せごし矯正歯科医院 »

2011年1月 8日

矯正治療は歯並び、咬み合わせだけでなく「口元の美しさ」を考慮して治療方針を立てます。

きれいな口元かどうかの判断基準の1つにE-line(esthetic line エステティックライン)があります。

鼻先と下あご(オトガイ)に引いた接線をE-lineと言います。

上下の唇がこのE-lineに触れずに少し内側にあるのが美しいと言われています。

例えば、上下顎前突(じょうかがくぜんとつ)という不正咬合があります。

歯並び、咬み合わせはきれいでも上下顎前突の場合は口元に突出感が見られます。

その場合は前歯を引っ込めてきれいなE-lineになるように治療します。

そうすると、閉じにくかった口が閉じやすくなります。

また、E-lineがきれいな場合は前歯の位置を変えずに、きれいなE-lineを崩さないように治療します。

せごし矯正歯科医院

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.segoshi-kyosei.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/389

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
せごし矯正歯科医院 せごし矯正歯科医院
院長 瀬越健介
www.segoshi-kyosei.com
【経歴】
平成9年 東北大学歯学部卒業 歯科医師免許取得
平成9年 鶴見大学歯学部附属病院 臨床研修医
平成10年 鶴見大学歯学部矯正学教室 臨床専科生
平成12年 鶴見大学歯学部矯正学教室 診療科助手
平成16年 鶴見大学歯学部歯科矯正学講座 助手
平成17年 日本矯正歯科学会認定医取得
平成18年 神宮前矯正歯科 勤務
平成20年 神宮前矯正歯科 副院長
平成22年 せごし矯正歯科医院開院