«  2012年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 歯に比べて接着力の落ちるセラミックと金属(メタル) ~横浜・中区・関内で矯正するなら~せごし矯正歯科医院 | メイン | 八重歯(犬歯)を抜いてはいけません ~横浜・中区・関内で矯正するなら~せごし矯正歯科医院 »

2011年1月23日


今日は2本のミニスクリューを打たせて頂きました。

部位は下の3番目の歯と4番目の歯の間です。

左右に1本ずつです。

奥歯を前に移動させるための矯正用インプラントです。

特に下あごの前歯の場合は歯と歯の間が狭いので、ミニスクリューを打つ時は通常よりも時間を掛けてゆっくりと埋入していきます。

骨には痛覚がないのですが、骨を覆っている骨膜と歯肉には痛覚があるので麻酔をしてから埋入します。

それから歯の根っこの周りにも痛覚があります。

ミニスクリューが歯と歯の間に入っていくと、歯根には圧力が加わります。

勢い良く埋入してしまうと、歯根に加わった圧力で痛みが出てしまいます。

特に今日は歯と歯の間がとても狭かったので、痛くないようにゆっくりと時間を掛けて打たせて頂きました。

せごし矯正歯科医院

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.segoshi-kyosei.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/716

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
せごし矯正歯科医院 せごし矯正歯科医院
院長 瀬越健介
www.segoshi-kyosei.com
【経歴】
平成9年 東北大学歯学部卒業 歯科医師免許取得
平成9年 鶴見大学歯学部附属病院 臨床研修医
平成10年 鶴見大学歯学部矯正学教室 臨床専科生
平成12年 鶴見大学歯学部矯正学教室 診療科助手
平成16年 鶴見大学歯学部歯科矯正学講座 助手
平成17年 日本矯正歯科学会認定医取得
平成18年 神宮前矯正歯科 勤務
平成20年 神宮前矯正歯科 副院長
平成22年 せごし矯正歯科医院開院