トップへ » 当院が選ばれる7つの理由 » 子どもの矯正ガイド

お子さまの歯並びが気になりだした方へ

お子さまの歯並びが気になりだした方へ

"うちの子はどうやら、受け口みたい......""上の前歯が出ているので、口を閉じられず、いつも前歯が見えている"――お子さまの歯並びについてお悩みのお母さん・お父さんはいませんか?悪い噛み合わせをそのままにしておくと、実はたくさんのリスクがあります。

お子さまの歯並びが気になりだした方へ・デコボコしていて歯が良く磨けないので、虫歯や歯周病になりやすい
・顎の形が変形したり、顔がゆがむ。見た目が劣る
・正しい発音ができない(サ行、ハ行など)。息が漏れる
・人前で口を開けて笑えないなどの、心理的な問題を起こすこともある

お子さまの未来のために。治療の負担が少ない子ども時代に、矯正歯科治療を受けることをお勧めしています。

子どもの矯正はいつから始めたらいいですか?
子どもの矯正の流れを教えてください
【ムーシールド】 くわえるだけの矯正装置
 

子どもの矯正はいつから始めたらいいですか?

子どもの矯正はいつから始めたらいいですか?6歳から7歳ごろの上あご前歯2本と下あご前歯4本が永久歯になる頃に、一度ご来院をオススメしています。

とはいえ、顔が一人ひとり異なるように、歯並びもお子さまによって千差万別です。早い時期に矯正を始めたほうが良いお子さまもいれば、成長を待ってから始めたほうが良いお子さまもいます。

当院では美しい歯並びに改善できるよう、お子さまに合った開始時期をご提案しています。
 

子どもの矯正の流れを教えてください

子どもの矯正の流れを教えてください子どもの矯正の場合、はじめからワイヤーの装置を付けて治療をスタートするわけではありません。小児矯正は大きく分けて、ふたつのステップに分かれます。

ステップ1/ 第1期治療
この時期は、成長とともに状態を悪化させる要因を取り除き、その後の成長発育ができるだけ正常に近くなるように軌道修正をする期間をいいます。第1治療期がうまくいくと第2治療期では永久歯を抜かずに治療ができる可能性がグッと高くなります。

ステップ2/第2期治療
大人の矯正のことです。上下すべての歯にブラケットを装着し完全な咬合に仕上げる治療となります。
※初診時に永久歯が生え揃っている方は第2期治療からとなります。
 

【ムーシールド】 くわえるだけの矯正装置

ムーシールドとは、3歳くらいからの受け口の治療に対応できる矯正装置です。取り外しができるマウスピース型の矯正装置で、寝ている間に使用するだけで受け口を改善できます。

使い方は、寝ているときにマウスピース型の装置をくわえるだけ。幼いお子さまにも負担が小さく、1年間程度で治療することができます。もちろん、ほとんど痛みを感じることもありません。

関連ページリンク

当院が選ばれる7つの理由院長の技術力目立たない装置
痛みが少ない治療なるべく歯を抜かない治療の期間・流れ
シンプルな料金体系治療中の虫歯対策
子どもの矯正ガイドあなたはどのタイプ?仲間の先生
料金表よくあるご質問患者さまの声医療費控除

無料カウンセリングを行います

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる7つの理由 » 子どもの矯正ガイド


コールバック予約